妊娠線を作らないためにできる事は何でしょうか

妊娠して変化していく体型

妊娠をすると、それまでの体型とはだんだんと変わってきます。これは出産をする上でとても大事な事です。だんだんと体がまるくなってくるのも、元気な赤ちゃんを出産する為の準備なので欠かせない事です。ですが、一番変わってくるのは、赤ちゃんのいるお腹です。だんだんとお腹が大きくなってきますので、それにお腹の肉が対応しきれなくなった時に妊娠線というのができてしまう事があります。ですが、早い段階からクリームなどで予防をしていけば、妊娠線ができなくする事もできます。

妊娠中期から後期が重要

妊娠線が出来ないようにする為にも、まだお腹が大きくなっていない状態からクリームやオイルなどを塗って、お腹の皮を柔らかくしておきます。そうしておくと、大きくなっていくお腹でも皮の伸びがよくなっている状態ですので、妊娠線ができなくなります。妊娠線の原因はお腹の皮の細胞に亀裂が入る事からできてしまいますので、それをクリームなどで伸ばしておきます。妊娠中期から後期にかけては、塗りすぎかという位のケアをしておいてもいいでしょう。

ケアはやりすぎ位がちょうど良い

お腹が大きくなってくる妊娠中期から後期の時期に、肌が乾燥する秋や冬の時期とかぶる人の場合は、いつもよりも多めに塗ります。それも、朝と夜、できれば昼間も塗って一日三回のケアをしていれば充分でしょう。それ以外にも、肌が乾燥しているなと感じた時には塗れるようにしましょう。持ち運びができるものとして持っておいてもいいでしょう。外などは余計に乾燥しますので、他の部分の肌が乾燥している時は、お腹も乾燥していると思ってケアをしましょう。

妊娠線のクリームの使い道として、腹部の周辺のしわやたるみなどを重点的にケアができることが特徴といえます。